上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
明けましておめでとうございます。

十種ヶ峰スキー場に雪が無い為、何年振りかのゆっくりした年末年始をいまだに過ごしてます。

暇すぎてネタも無いんで少し昨年のトマト栽培を振り返ってみようかと。
ブログをご覧の農協のトマト担当者の方、この記事をもって試験品種の評価とさせていただきます。


まず、まったく関係ないのに頼まれたミニトマト。
全農が種子販売するアンジェレ。

NCM_3012.jpg

樹勢が強く玉つきも良く耐病性もあり非常に作りやすい。ただしヘタが取れやす過ぎるので、収穫はヘタなしでないと大変面倒な事になる。色形は光沢あり裂果もほとんどなし、しかし見た目は若干空洞果っぽく見える。調理用の品種の血を引くのかな。味は賛否が分かれる。皮は固めでゼリーは少ない。食感は普通のミニとは異なるが糖度は高めなのでおやつ代わりにポリポリ食べるには最適。娘には高評価。かみさんは皮が口に残るじゃろが~ゴルァ 
ライバル品種はアイコと思うけど、アイコより俺は好きです。


サカタ種苗 台木SC1-311

NCM_3125.jpg

樹勢は普通でスタミナはあり。毎年どうしても樹が暴れてしまう人にはオススメ。穂木が桃太郎系の人にはオススメしません。注意点はサカタのプライミング処理は素晴らしいので、3日で発芽します。モヤシにならないようにご注意ください。発芽揃いは良いです。タキイ種苗も見習って欲しい。


サカタ種苗 単為結果品種C2-437

NCM_2943.jpg

ハチなどの受粉作業をしなくても良い優れもの。曇天続きでも着果は良いが落ちる花も有り。完全ではない。樹勢は普通でコントロールはしやすい。節間が短いので連続摘心した場合は葉が込み合う。最大の欠点は玉がとんがり系で小玉な事。裂果も多少あり。寒くなると離層が剥がれやすく玉が勝手に落ちる。色のまわりが早いので若干早生である。秀品、味は良いが収量は望めない。


みかど種苗 みそら64

NCM_2945.jpg

前年に引き続いて試作。樹勢は強めと説明されたが、どう見ても普通。節間短めですが、葉っぱが小さめでぱらっとしてるので、込み合わず採光性は良い。秀品は大変良く玉の肥大も良いが、高湿度で夜温が下がった時の裂果が激しい。桃太郎系を栽培する人にはオススメします。


以上、2014の試験品種でした。これはあくまでも個人の見解です。
現在栽培しているサカタの麗夏を超える品種はないね。新しい品種お待ちします。


今日トマト部会の役員会で優績表彰者を決めるための成績表見たんですけど、自分は収量で5位、秀品率で2位、総合で1位でした。3連覇のはず。でも収量を重視してるんで収量で負けたのはショックでしたね。秀品は天候のおかげもあったと思う。前年は収量ぶっちぎりじゃったのになぁ・・・
出荷最終日に161ケース(1800㎏)出荷しました。多分個人の1回の出荷では最高記録と思う。もう1か月あればなぁ・・・
今年は収量1位を目指して秘策を考え中です。楽しい時です。


今年こそは普通の天候を願う。




スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://turukameotafuku.blog48.fc2.com/tb.php/638-74cc1ae7
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。